高校留学する際はまずは日本ついて学んでおくことをおすすめします

SITEMAP

High school study abroad

高校留学をした人を見てきて思ったこと

私の通っていた高校では、高校留学の制度がありました。それに参加していた人たちを見て、感じたことを書きたいと思います。
まず、高校留学をするためには、ある程度の英語力と志望動機が必要でした。毎年一学年から2人くらいが高校留学に行っていました。そして一年間という期間の間、海外の学校で過ごすのです。メリットとしては、若いうちから海外の人や街、文化に触れることができるということです。高校生はまだ若く、吸収力も早い時期です。英語圏の留学であれば、日常会話を英語にするしかないので、語学力はもちろん身に付きます。
また日本とは違う文化を、生活を持って体験できるのです。そうしたなかなか経験できないことを経験できるのは大きなメリットです。反対にデメリットとしては、一年間の留学であるので、帰ってきてからどうするかという問題があります。大学受験勉強も進められてないために、留年する人や、推薦入試で大学に進学する人など様々でした。
でも誰一人として、高校留学したことを後悔している人はいませんでした。みんな明るく社交的になって帰ってきていました。その人のこれからの人生にも、留学経験は大きく影響して、社会人になってから海外に住んだり、外資の会社に勤めている子がたくさんいます。

TOP